「体幹」シリーズ応用編

「体幹」シリーズ応用編

本巻の目的は、杖やバランスボール、バランスボードといった道具を用いて楽しみながら体幹トレーニングを行うことで、日常生活での応用動作に繋げていくことを目指します。

目標を達成すると、さらなる目標が生まれます。最初は、歩ければ良い、というところから始まり、歩けるようになれば、それがいつしか、「綺麗に歩きたい」、「歩いて旅行に行きたい」という目標に変わります。

常に新しい目標を持ちながら、本巻に収録されている体幹トレーニングを行うことで、さらなる目標に向けて取り組んでいただきたいと願っております。

価格 ¥5,800 (税込)

サンプル動画

こんな人におすすめ

立ったまま運動ができない
立ったまま運動ができない
足が出せない
足が出せない
綺麗に歩けない
綺麗に歩けない

※本巻では杖、バランスボール、バランスディスクを用いたメニューになります。ご自身の責任でご用意ください。

製品仕様

内容

■DVD:1本(パッケージはフィルムなしの簡易包装でのお届けとなります)
■冊子:1冊

収録メニュー/注意事項

【全22メニュー】

■杖を利用したメニュー
杖で前方たおし/杖で横たおし/杖でひねって前方たおし/杖でバランス練習/杖ころがし/杖で前へならえ/杖でバンザイ/杖で前屈/杖でツイスト

■バランスボールを利用したメニュー
足のせバランス運動/ななめにキープ/両足ボールころがし(左右)/両足ボールころがし(前後)/片足バランス運動/足の振り子運動/両手ボールころがし(前後)/両手ボールころがし(斜め)/足でバランス運動/片足ボールころがし(前後)/足でボール上げ

■バランスディスクを利用したメニュー
お尻バランス運動/立ちバランス運動

【注意事項】

  • 現在医師の指示でリハビリを実施しているかたは医師の許可を得てから実施してください。
  • 介助者に付き添って頂くことで、安全と運動の精度がより高まりますので、ご家族などと行うことをおすすめします。
  • すべての運動は決して無理はせず、難しいメニューは避けるようにしましょう。
  • うつ伏せ姿勢になる際は、肩の脱臼などには十分に気をつけてください。
  • 運動中に息苦しさなど体調に異変を感じた場合は、すぐに運動をやめて下さい。
  • 血圧が高い時、身体が痛いなど調子が悪い時はやめましょう。
  • 手足を片方ずつ動かすメニューは、必ず麻痺していない方から動かすようにしましょう。
  • 座って行う運動は、膝を約90度ぐらいに曲げて座ることができる、安定したイスなどをお選びください。
  • バランスボールなどの器具を利用する際は、同梱の説明書をよく読み、転倒などには十分注意して実施してください。
  • すべての運動は治療が目的ではありません。機能低下を予防する目的で実施しましょう。

オススメ商品

「体幹」シリーズ基礎編1

「体幹」シリーズ

基礎編①

¥5,800 (税込)

詳細を見る

「体幹」シリーズ基礎編2

「体幹」シリーズ

基礎編②

¥5,800 (税込)

詳細を見る

「体幹」シリーズ導入編

「体幹」シリーズ

導入編

¥5,800 (税込)

詳細を見る

「お灸」編

「お灸」編

¥5,800 (税込)

詳細を見る

トップへ戻る